組織的に対処しましょう

看護師は大変な仕事です。医療の補助役として、専門的な知識を要求されます。また、患者に接する機会が多いことから、最前線で患者のケアをすることが求められるのです。
一生懸命看護をすることにより患者から感謝されれば、今までの苦労が報われます。しかし、中には感謝するどころかクレームをつけ、扱いが非常に難しい患者もいるのです。そのような患者はモンスターペイシェントと呼ばれており、看護師はそのような患者の看護をしなければならないケースがあります。モンスターペイシェントの担当になった場合、対処に工夫が必要です。その患者は、もしかすると精神的に病んでいる状態かもしれません。文句を言っている内容そのものが不満の要因であることはもちろん、その背景に別の不満や悩み・不安を抱えていることが多いと言われています。もちろん、そういった悩みなどに寄り添っていく必要はありますが、看護師は精神科の医師ではないので限界があるものです。
モンスターペイシェントを担当する際の注意点は、その患者に関して組織的に対処することでしょう。患者の精神的な状況や言動について、しっかりと組織内で共有することが大切となります。自分一人で問題を抱え込んでしまわず、先輩や婦長そして担当医などの協力も得て、組織的に看護をしていくことが必要なのです。場合によっては、毅然とした態度をとることも重要となってきます。そういった態度をとる場合にも、組織内で合意をとって対処していくことを心がけましょう。