クレームをつける人々の脅威と注意点

さまざまな業界において、人々のモンスター化が進んでいる傾向があります。学校においては、モンスターペアレントが教師を脅かしている状況になって久しく、それを恐れて転職してしまう人も少なくない状況が続いてきました。こういった状況は医療業界においても発生しており、患者がモンスター化して医療従事者を脅かすようになってきています。
自分勝手で理の通らない言いがかりをつけ、クレームで医療従事者を困らせるのがモンスターペイシェントの特徴です。患者であることから厳しい対応を取ることもできず、悩まされている医療従事者は多くなっています。患者だけでなく、その親族や友人がモンスター化してしまうこともあるようです。そのため、患者サイドとコミュニケーションを取るのが恐ろしいと感じるようになり、仕事を辞めてしまう人も見られるようになってきました。しかし、モンスターペイシェントと向き合う必要は少なからずあるということも、医療従事者として認識しなければなりません。
多くの場合、その理不尽さは何らかの不満やストレスによるものであり、その発散のために行っています。ところが、患者の中には精神的に患っている人がいるという可能性も考える必要があるのです。特に、中枢神経系の疾患を持っている患者は、何かの兆候であったり薬の副作用から生じているものであったりすることもあります。そういった視点からモンスターペイシェントに接し、因果関係を問うことも大切です。