モンスターペイシェントの対策

モンスターペイシェントとは、病院でさまざまなことにクレームをつける患者のことです。モンスターペイシェントは、看護師が薬を持って来る時間が5分遅れただけでクレームをつけたりと、本当に些細なことで不平や不満をいいます。中には、1時間も2時間もクレームを言い続ける患者もいるようです。ナースステーションに怒鳴り込むような人もおり、他の患者に迷惑をかけているケースも少なくありません。
このモンスターペイシェントという言葉は、世間に浸透しつつあります。そのため、モンスターペイシェント対策として、対応マニュアルなどが作られている病院もあるようです。また、専門的に対応できる人員を配置している病院すらもあるといいます。他の対策としては、カンファレンスでの情報共有を徹底していることが挙げられるでしょう。これにより、言っていることが看護師と医師によって変わることで発生するトラブルを防ぐことができるのです。マニュアルには、警察へ通報する基準を明確化できるような記載もあります。障害が起こったり設備や建物に物理的な損害が起こった時は、警察へ通報するという基準です。さらに、不当な要求をして来るような患者に対して、冷静に対応するためのチェック項目などもあります。
1人で対応をするのではなく2名以上で対応をしたり、面談の時間を制限するという取り組みを行っている病院もあるのです。世の中の病院では、モンスターペイシェントに対してさまざまな対策が取られています。(関連:モンスターペイシェント対策委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です